Tea with Milk

レンズを透して見える世界はひろがる、何でもありの写真日記です

ラルナカ空港発、マルタ島へ 

ホテルでの朝 今日も暖かく爽やかに晴れ^^
キプロスではお天気に恵まれて ほんとによかった♪

IMG_0717プール_convert_20080426234704

人影のないプールサイド 朝の陽射しが眩しい
-- 続きを読む --

[edit]

夕暮れのニコシア~ディナー 

この国にきてから 目立つコカコーラの宣伝

ニコシアの街でも こんな可愛い乗り物が、、、

IMG_2535コカコーラ電車_convert_20080420173326
-- 続きを読む --

[edit]

グリーンラインへ 

ごく普通のショッピング街を歩いて行く

たくさんの人達が賑やかに歩いている通り

IMG_2561おやつ_convert_20080421204747


-- 続きを読む --

[edit]

そろそろランチタイム@ニコシア 

ずいぶん歩いた気がするけれど ようやくお昼すぎ

こちらではランチタイムは13:30前後になる

お腹すいてきました~

IMG_2518赤いイス_convert_20080420174112
-- 続きを読む --

[edit]

ニコシア旧市街 続き 

しんとした通りを さらに進んでいきます

光の中で白い壁が目をひきます
IMG_2476家_convert_20080420024341

陽射しは照ったり陰ったりしています
-- 続きを読む --

[edit]

午後 ニコシア(レフコシア)へ 

アフロディテ(ヴィーナス)の神話が生まれたキプロス、

その首都であるニコシア(英国領時代の呼び名です、現地名ではレフコシア)

トルコ系とギリシヤ系の民族的宗教的な対立によって 

1974年からニコシアは南北に中央で分断され 北キプロスと南キプロスに分かれています

そこに国連緩衝地帯がありグリーンラインと呼ばれます

今回 旅をしたのはギリシヤ系住民が暮らす南でした

午後から その旧市街をグリーンラインへ向かって歩きました

IMG_2448城壁_convert_20080420011838


旧市街への入り口付近に埋め込まれた地図、円形の防壁に囲まれた街で

ファマグスタ門がその出入り口だったそうです




-- 続きを読む --

[edit]

聖ラザロ教会 

もう少し歩くと 広場の向こうに大きな古い教会がみえます

IMG_0613聖ラザロ_convert_20080417195027

聖ラザロ教会

キリストにより蘇生したラザロが キプロス最初の司教として30年余りを過ごした教会
-- 続きを読む --

[edit]

ラルナカ市内 朝 

フィニクデスビーチも まだオフシーズンなので人影もまばら

IMG_2310ビーチマット_convert_20080417195224

っていうか、、、

マットがひなたぼっこしているだけ^^;
-- 続きを読む --

[edit]

昼下がりの撮り歩き 

ランチのあとは 再びバスに乗って撮影に興味ありそな処へ向かいますが、、、

機内では殆ど眠れなかった(珍しいことに)上に お腹がいっぱい

お酒もまわってきた友人と私・・・

どちらかといえば すぐにでもホテルでゴロリンしたいよー(_ _).。o○
IMG_2171ビーチ_convert_20080415161749

ここはリオペトリという町らしい

オフシーズンのせいか 人の姿もなくさびれています

でも、バスは情け容赦なく次のポイントへと走り回ります(-_-メ;)

-- 続きを読む --

[edit]

そしてランチタイム♪ 

さて、キプロス初日のランチタイムです^^
海辺のレストラン
ランチ


サラダ:緑の葉っぱとトマトとチーズ、新鮮で美味しかった
    が、、、今後 毎度毎度これをいただくことになります^^;;

クスクス:小麦の一種である粗挽粉が原料、炒めご飯の感じで味もよかった

グラタン:マカロニとポテトがどっさり コレが一人前です(◎-◎;)
     あつあつで美味しかった!
     写真ではわかりませんが この一皿を4人で食べたいほどの量でした(ーー;)

このあと、フルーツ盛り合わせ キプロス珈琲がでてきます
嫌う人が多い中で 粉っぽいこの珈琲は 珈琲苦手の私にはけっこう美味しかった^o^
-- 続きを読む --

[edit]

キプロス(Cyprus)へ 

3月26日、ドバイ経由でキプロス島に到着です

これから16日間の旅の始まり (((o(^。^")o)))ワクワク

IMG_2148ソルトレイク1_convert_20080415161620


ラルナカ空港に近い塩湖です。
足元が滑りやすくて 中心に向かって歩いていくとずぶずぶと靴が沈みます

レポートは ドバイを飛び立つ時から始めます
-- 続きを読む --

[edit]