Tea with Milk

レンズを透して見える世界はひろがる、何でもありの写真日記です

台北・三日目 十分の続き 

美味しかったランチのあと、気になる吊り橋へと向かう

_MG_9593.jpg

道沿いに掲示されていた色褪せた印刷物から 当時の状況の一端が見える

過酷な労働作業が日々行われていたのだろう





_MG_9603.jpg

吊り橋のたもとに



_MG_9601.jpg

カラフルな列車が止まっている駅

裏手に回れば こんな感じ


_MG_9605.jpg

雨と緑のにおいが心地よく しっとり情緒いっぱい

花粉症もどこかへ飛んでってくれて嬉しい



_MG_9607.jpg

ちょっと揺れる^^;



_MG_9618.jpg

ぬくぬくまぁるく可愛い

ここでも もう一匹が超接近してきて足元にすりすり(-_☆)



_MG_9626.jpg

漢字の国というのは親しみが持てる^^

けど、微妙に意味不明だったり

そういえば、「ファミリーマート」には「全家」と書かれていた

(なるほど、、、って納得^o^)



_MG_9627_20120331154909.jpg

雨は降ったり止んだり、、、で油断ならない(^^ゞ



_MG_9635.jpg

通りに人の姿は少ない

お店の中は暗いので 誰かいるのかどうかも定かでない

日本って、ほんとに何処でも明るいなぁ、、、と感じるときだ


_MG_9642.jpg

突然にライオンが(^^;;;

ここは公園とかではないけど、ちょっとしたお遊びにおいたのかな^^?

ゴリラもキリンもいた・・・



_MG_9659.jpg

一見、廃屋風

けど、なんとなく人の気配が残ってる気がする



_MG_9660.jpg

あっと言う間に激しい雨がきた!

とても歩いてはいられず しばしの雨宿り



IMG_4056.jpg

あれ、二日前に似たような色、形を見たような^^;



_MG_9670.jpg

あら、君も雨宿りしていたの^^?


小止みになったところで また吊り橋を渡って駅へ戻ろう



_MG_9683.jpg


猫家族かしらん

ここは食べ物が豊富にあるんだろうね^o^



IMG_4062.jpg

歴史のある街、十分のほんの少しを歩いただけ

また、機会があれば違った場所を散策したいと思う


明るいうちに九份へ行きたいので とりあえず再び平渓線で瑞方へと向かう









関連記事

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://mominkan.blog95.fc2.com/tb.php/1091-0a579e16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)