Tea with Milk

レンズを透して見える世界はひろがる、何でもありの写真日記です

「これからの写真」(Photography Will Be) 

やっと、時間のやりくりが出来たので愛知県美術館へいってきた

IMG_0554.jpg

まず、このポスターのカットが気にいった^^

この展覧会では、写真を一面的な見方から解放することを目的としている(鑑賞ガイドより)



_MG_8596.jpg

会場内、殆どの作品は撮影OKなのが嬉しい

アーチストの積極的な問いかけが感じられ よりじっくりと観る気にさせてくれる





IMG_7781.jpg

スポンジだけを被写体として撮影した作品を壁3面に展示している

思わず 我が家のキッチンやお風呂場のスポンジを思いだしてしまう^o^

被写体は身近な処にいつも有る

それを発見する力、感性があるかどうか、、、ってこと





_MG_8609_20140920221956503.jpg

19世紀に写真が世界で初めて生まれた時に、写真は銀板に写し込まれていた

今では珍しいその銀板写真(ダゲレオタイプ)の作家 新井卓さんの作品に心惹かれた

160年前に生まれた古典手法で創り出される作品は 繊細で美しい





_MG_8605.jpg





_MG_8614.jpg





_MG_8616_2014092022364798e.jpg

代理石にマスキングテープやシールを貼って撮影(楽しそう♪)

出来上がった写真をプリントして、大理石の上にはり付けている

それは まるで1枚の表層に見えてしまう





IMG_9187_20140920224036947.jpg

時間を気にせず ゆっくりしていたら いつしか陽が暮れていた(^。^;)


空間、時間、鑑賞者との関連性などの視点から写真とイメージの様相を探っている写真展

9名の芸術家、写真家の多彩な表現を観て しばらくカフェでぼぅ〜っとしていた

そういう時間がとても好き!

自分にとって「これからの写真」ってなんだろう?



写真展は9月28日まで開催中
これからの写真
関連記事

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://mominkan.blog95.fc2.com/tb.php/1812-187b3ba0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)