Tea with Milk

レンズを透して見える世界はひろがる、何でもありの写真日記です

東墓地(cimetière de l'Est ) 

ここで、再びパリ日記の続きです

5月8日、フリーゴを後にしてランチを済ませて川辺を歩き、

その後、

ペール・ラシェーズ墓地と呼ばれているパリ最大の墓地にきた(パリ20区)

ここは世界的著名人のお墓が多くあり 世界中から訪問者が訪れる観光地になっている


_MG_6029.jpg

普段はお墓は撮らないのだけど、ちょっと興味が湧いて何枚かショットしてみたので

今回はお墓散歩で^^

_MG_6038.jpg

ジム・モリソン(ドアーズ)のお墓まえには落書きが、、、




_MG_6039_2015070301054106b.jpg

ぼろぼろに朽ちるものもあれば 手入れの施されたものもあり、、、




_MG_6033_20150703010705684.jpg




_MG_6046.jpg

キューバで観た真っ青な空に白く美しかったお墓とは随分印象が違う

(、、、と、そういえばキューバ日記も中途半端だったっけ^^?)




_MG_6044.jpg

夕方近くなり 蚊の存在も気がかりになりつつ、、、

広大な敷地なので、著名人のお墓までなかなか行き着けない

そうこうしてるうちに、、、

ついに迷子に(⌒-⌒; )





_MG_6056.jpg

ガイドをかって出てくれたG氏、はしゃいで撮影中にレンズが外れるトラブルでメガネが使えず(×_×;)

マップが読めない(・_・、)




_MG_6053.jpg





_MG_6062.jpg





_MG_6069.jpg





_MG_6078.jpg

ピアフやショパン、プルースト、マリア・カラス、モディリアーニ、ゲルダ・タロー等のお墓もあるというのだが

行き着けないまま時間が過ぎてゆく

健脚の撮影部隊もさすがに脚がお疲れモード(`´メ)





_MG_6070.jpg

見ていると 出口を探す人も多い^^;

あ〜でもない こうでもないと集まってマップをのぞき込みながら、、、

ようやく出口へのルートを見つけた^^


ペール・ラシューズ墓地
関連記事

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://mominkan.blog95.fc2.com/tb.php/1949-dc24244c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)