Tea with Milk

レンズを透して見える世界はひろがる、何でもありの写真日記です

離れの茶室 

茶室としては誰も使わなくなって久しく、

ひっそりと読書の場となり、やがてその主が旅立って・・・

_MG_2275.jpg

緑に囲まれた静かな離れは 寂れ感ただよう

この部分だけが張り替えられたのか?

二枚の障子だけはキリリときれいで



_MG_2287.jpg


京に生まれ、育ち、ひとりぼっちになってもここを離れない、と言ったひと

病に倒れる日まで 静かに豊かに過ごした



_MG_2209.jpg


追記:また 別の話・・・

   その人に 一度も会うことはなかった
   
   ただ、共有、共鳴する接点が多かったのでネット上での4年のおつき合いがあり

   これからも面白楽しくずっと続くと思えた・・・


   或る日、日記もコメントもツイッターも ぷつりと途絶えた一週間後

   彼は突然 旅だってしまっていた。。。

   あえて 自己の意志で未来を断ち切った


   何故?

   その一週間に何があったのだろう・・・

   行動力があり いつも明日の楽しさを語っていたひと

   他人には予想しえない深い闇を 人はそれぞれ持っているものかもしれない

   最後に私が送ったコメント、

   それに返信が来ることは もう ない・・・


   今頃は ネパールの空を自由に駆け巡っているのですか?

   

   
   



   
関連記事

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://mominkan.blog95.fc2.com/tb.php/902-8dedbbac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)