Tea with Milk

レンズを透して見える世界はひろがる、何でもありの写真日記です

香りの記憶 

_MG_4296.jpg

                   
              通りすがりに手渡された小さな香り

              なんとなく ポケットにさして歩いていた

              向かい合ったひとが「いい香りが・・・」と ほほえむ


              ふと、、、その香りに懐かしい気がした

              と、思ったら

              ふわぁ~っと 過ぎた記憶につつまれた


              そうだった・・・


              この香り よく知っていた

              新緑のような 爽やかに瑞々しい

              そんな空気に いつも

              ほっこりと癒されていた日のこと


関連記事

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://mominkan.blog95.fc2.com/tb.php/942-0aa4c4b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)